内職で20万円以上稼げる!?求人サイト

内職で20万円以上稼げる!?求人サイト

内職でラクしてガッポリ20万以上稼げる!?アナタに合った内職探し

最新情報

内職をするうえで気をつけること

消費税が増税された今、どうにかして所得を増やそうと考えている方も少なくないと思います。

なぜなら消費税は増税したけれども所得が増えたという方はそう多くはないからでしょう。

消費税と同様に所得も増えていればこうした悩みを持つ方はいなかったと思いますが、家計の負担が増えどうにかこうにか所得を増やしたいと考えている方が増えているのです。

そこで注目されるのが内職を内職として始めてみると言う事です。

内職ですと、仕事が終わってから、仕事が始まる前に少しのあいた時間にちょこちょこと仕事をすることができます。

また、ノルマなどは無くほとんどがどれだけ仕上げらることができたのかと言う歩合制となっていますので仕事をしている方にも負担にならず気軽に始めることができると思います。

では、いったいどうすれば探すことができるのでしょうか。

一番簡単なのがインターネットを利用して探すことです。

求人誌やハローワークと言ったところから紹介してもらいたいと思う方もいると思いますが、そういったところが紹介する内職となるとほとんどがパソコンのスキルに優れた方のみができる内職に限られてきますので誰しもができる内職となるとインターネットで紹介してもらう方が良いでしょう。

探すコツとしましては、始めるに当たって初期投資が無い、仕事相応の報酬がある、と言う事です。
この二つの事に気をつけ挑戦してみましょう。

内職で一発狙う?

誰しもが一度は出社せずに家で仕事がしてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

特に雨の日や台風の日など荒天した日などは外に出たくありませんので、特にそう感じる方も少なくないと思います。

しかし、内職は稼げないという印象を持っている方も少なくないでしょう。

ただしそれは昔からある製作系の内職です。

製作系の内職は何かを一つ一つ製作し、一つの商品として完成させることで報酬が発生します。

しかし、一つの値段は一円に満たない事もあり時間給に換算すると内職をした方がはるかにましと言う事も少なくないようです。

そんな印象が強い内職ですが、パソコンとインターネットを利用すればアルバイトに匹敵するどころか今現在就いている本業をはるかにしのぐ給料を手にする事も出来るのです。

良くビジネス雑誌などにも取り上げられていますので興味がある方は詳しいかと思いますが、アフィリエイトであったり、セドリと言って古本屋で安く仕入れ高く売ると言ったアルバイト、他にもインターネットオークションと言ったように様々なアルバイトがあります。

ただ、こうしたインターネットを利用した内職がさも簡単かのように書かれている事も少なくありませんが、それを鵜呑みにしてすぐに結果が出るとは考えない方が良いです。

やはり軌道に乗るには時間がかかる事もあるでしょうし、もしかすると一生結果が出ないと言う事も考えられます。

インターネットを利用した内職が問題と言うよりもどの内職を選ぶかが問題ですので確実に収入が欲しいというのでしたら製作系の内職を選び仕事をこなせば給料がもらえるものを選択した方が良いでしょう。

コツコツと

地道にコツコツした作業が苦にならないという人なら入力系の内職が向いているかもしれません。

あるサイトにレビューを作成したり、送られたきた記事をリライトしたり、エクセルで名簿を作成したり、一文字○円と設定されていて、単価は低いですが、その分特別な知識も必要なく、始めようと思ったらパソコンとネット環境さえあれば誰でも始める事が可能です。

それに単価が安いですが、スキマ時間を見つけてコツコツと進めていけば月に数万円の稼ぎにはなります。

内職で数万円を稼ごうと思ったら週に2回、1日3時間ほど内職に出勤しなければいけません。

これって本業で1日働いた後に働くので決して楽ではありませんし、急な残業が入ったり、体調不良の時など頻繁に内職を休み事になればいくら内職とはいえ、内職先に迷惑をかけてしまってはいけません。

家で入力系の内職なら納期は決められていて必ず納期を守る必要がありますが、昨日は残業で内職をする時間がとれなかったから、今日は定時で上がって2時間ほど集中して内職をしようとか、今日は体調がイマイチだから風邪がひどくなる前に早く寝よう・・・・などと自分のペースで内職をする事が出来るので負担が少ないのです。

そして負担が少ないからこそ長続きします。

3カ月間週5ペースで入り、8万円の収入になったけどもう体力的にも気力的にも続けられないと辞めてしまうよりも月4万円ペースで6ヶ月かかったとしても後者の稼ぎ方の方が7ヶ月目には内職よりも稼げるという結果になるのです。

時代の変化にあっている仕事

ひと言で<内職>といっても内容はいろいろです。

家庭内でできる以外の仕事を見てみましょう。

種類が多くて驚いてしまいます。

なかでも「変わっているな!」と感じた内職は「アライグマの駆除」の仕事です。
動物園で見かける動物です。

けれどもアライグマは人間に害がある獣なのです。
アライグマの駆除は素人では難しいのでプロに任せなければなりません。

ボランティアだけで手に負えないです。

だからお金を支払ってでもプロの力を借ります。

アライグマの駆除に自信があれば検討してもいいでしょう。

それ以外には「酢ソムリエ」も珍しい内職です。

簡単に言ってみると「お酢のプロフェッショナル」なのです。

ソムリエと名前がつくと、格好いい響きになります。

家庭教師も内職ではポピュラーです。
なかでも異色なのは「体育に特化した家庭教師」です。

最近は公園など外で遊び回っている子どもが少ないです。

子どもの運動離れが大きな社会問題になっています。

そういったことからも、子どもに体育を教えるニーズが出てきているのです。

その時代によってさまざまな職業があるのです。

会社員が空いた時間に

当然日頃は会社員です。しかし、やっぱり内職したい。ちょっとだけでも内職したら、随分生活も楽になるものです。

実際にそういう副業は存在しているのです。家にいなが、副業収入稼ぐ方法が在宅ワークと言われるものです。本当に結構手軽な内職がここに存在します。よりどりみどりなので自分に合った内職を見付けることが出来るはずです。

副業は副業であり、本業ではありません。自分のスタイルに合わせて、空いた時間を見付けてする仕事が内職だと思いますね。

実際に依頼すれば、仕事は結構来るものです。依頼売れるはいいが、しっかり量をこなせるか自分で把握するようにしてください。

最初、慣れないうちは判らないかもしれませんが、実際に、一日のうちに内職として使用できる時間は何時間あるのか・・・。

そして、その時間でどの程度の量をこなすことが出来るのかと言った判断です。

そして、内職の大事なポイントはやっぱり続けると言うことです。最初に無理をするとやっぱりなかなか続かないというケースも出てきてしまうようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ